清原和博の今現在?ブログ.覚醒剤.逮捕.ニュース.薬。清原亜紀

清原和博

 

元プロ野球選手清原和博さんが、約1年ぶりのテレビ出演(金スマ)でなにを語る?

現在は一体どうしているのか?

刺青徳島お遍路

離婚した元嫁、清原亜紀は?


スポンサードリンク



 


 


 


 


 


 



スポンサードリンク



 

 

出身地  大阪府岸和田市

生年月日 1967年8月18日 47歳

出身校  PL学園高等学校

高校時代は、全国から精鋭の集まるPL学園野球部にあって1年生から4番に座り、エース桑田と共に甲子園に5季連続出場を果たす。1年生の夏に優勝、2年生の春・夏は共に準優勝、3年生の春はベスト4、3年生の夏は2度目の優勝を経験している。

特に清原と桑田はKKコンビと呼ばれ、後には桑田清原世代と呼ばれるようになるこの世代を代表する人物となった。

 

1985年にドラフト1位で西武ライオンズに入団。

その後、読売ジャイアンツオリックス・バファローズに移籍ご2008年10月1日に 引退試合を迎える。

通算本塁打数歴代5位、通算打点数歴代6位、通算サヨナラ本塁打歴代1位、通算死球数・三振数歴代1位。

何とも言いがたい記録の持ち主ですね。

若かりし清原さんの画像はこちら

 

引退後は野球解説や、バラエティ番組やテレビCMにも数多く出演されていますね。

 

しかし、今現在は。。。。

 

昨年3月に薬物使用疑惑が浮上、同9月には離婚が成立するなどし、報道が過熱。

清原さんががメディアに登場する機会は一気に減少してしまいました。

 

私も気がつけば見ないなと思っていましたが。まさかこんなことに!

 

さらには一部では、「背中に大きな龍の刺青を入れた」「パチンコ営業くらいしか仕事がない」などと伝えられており

現在ではテレビでその姿を見ることも皆無となってるようです。

刺青画像はこちら

 

昨年9月に離婚した清原亜希と2人の子どもをめぐっては、こんな信じ難い行動をしでかしていたそうです。

「離婚が成立した直後、何を思ったのか2人の息子が通う慶應幼稚舎に、錯乱した様子で我が子の名前を絶叫しながら乗り込んできたんです。すぐに警備員に取り押さえられ、大事には至らなかったようですが……。清原は『息子に会いに来た』と語っていたものの、あまりにも突飛な行動に、関係者も開いた口が塞がらなかったとか。子どもの親権を亜希夫人が持ったため、今後は自由に会うことが難いと思ったのかもしれませんが、まさかこんな支離滅裂な行動に出るとは」(教育機関関係者)

息子たちが通う同校は名門小学校で、入学に際しては、当人だけではなく両親の素性や社会的地位なども影響するといわれる。清原の“奇行”は「子どもたちの学校での立場を一切考えていない。神経を疑う行動ですよ」(同)という。

 

引用もと サイゾウウーマン

 

 

 

もうむちゃくちゃですね、あのスター選手がここまで、、

 

清原さんは現在の一人暮らしについて、テリー伊藤さんとの対談でこう語っていました。

家事に不慣れなため、「洗濯物がたまった時に詰め込みすぎて、乾燥機が壊れました

食事はマスコミの目を避け、行きつけの韓国料理店かコンビニエンスストアの弁当で済ますという。

清原さんは一時「生きる力を失った時期がありました。自決しようと思った時もありました」語る。

 

そんな清原さんの現状について、ネット上では「悲惨すぎる」「笑えない」「アンチだったが、こんな姿は見たくなかった」など、さまざまな反応が上がっています。

私も同意見です。

 

さらにこんな話も。

 

知人の芸能人やメディア関係者に片っ端から営業電話をかけた挙句、断られては逆ギレを繰り返している清原さん。

ついには、長年昵懇の間柄とされてきた大物タレントからも「着信拒否」されてしまったという。

その大物タレントは

 

とんねるずの石橋貴明さんです。

彼は元高校球児ということもあって、清原を自らの番組にたびたび起用するなど数多く共演してきた。清原は、そんな石橋をメディア復帰の最後の頼みの綱と思ってか、連日連夜電話攻勢をかけていたそうです。

これに参った石橋が絶縁宣言とばかりに清原の番号を着信拒否にしたらしいのです。

 

もう1度言いたい、あのスター選手がここまで、、

 

 

 

そんな清原さんが4月3日放送のTBS系『中居正広の金曜日のスマたちへ』で約1年ぶりのテレビ番組出演を果たすそうです。

清原さんが現在行っている徳島「お遍路」にも密着。

現役時代に故障した膝に激痛が走る中、一人で歩き続ける姿を紹介。「もう自分のためには頑張れない」と言う清原が誰のために歩くのかも明かされる。

お遍路姿の清原さんの画像はこちら

 

この出演をきっかけに、今後もタレントやキャスターとしての復帰は、絶望的だと言われている所からの、逆転ホームランを期待しましょう。

スポンサードリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちら

コメントを残す